寂聴先生の訃報に接して

瀬戸内寂聴先生

いつも応援してくださり、本当にありがとうございました。

先生の言葉に、私たちはいつもたくさんの元気と勇気をいただきました

先生は、リストカットの傷の残る少女の腕をそっと撫でて、もう大丈夫よと励まして下さいました。

寂庵でのことでしたが、私はその時、先生が傷ついた女性みんなの傷に手を添えて下さったと感じ、とても嬉しかったです。

先生からは、たくさんの元気と励ましと共に、「これからの社会を変えていくのはあなたたち。女性がもっと元気で差別のない社会にするためにまだまだやることがたくさんある」

と大きな課題も託されました。

 

先生、先生がいなくなられて心細くなりますが、託されたものとして、精いっぱい頑張ります。

少し離れるけれどずっと見ていてくださいね。

心からご冥福をお祈りいたします。

2021年11月11日

一般社団法人 若草プロジェクト 代表理事 大谷恭子

寂聴先生からのメッセージをご覧ください